スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アンティーク調スツール ウェイビング・生地張り

    やっとガンタッカーを使う作業です。

    座面作りです。

    土台は完成したのでウェイビングベルトを張ります。(画像が無いので裏から見た図)

    4_convert_20100422042221.jpg


    もとから張ってあったベルトの再利用なので、元の通りに張ってますが、これは良くない例で、通常の張り方はこんな感じのようです→椅子・ソファー張替えのAZUMAさん

    次はウレタンを固定します。四隅をガンタッカーで固定してます。ボンドスプレーを使うと良いようです!

    そして生地張り。
    初挑戦なので、一度目は失敗・・・。生地を縫うときに仮縫いの手間を惜しんで柄が合ってない。しかも縫い代の向きが原因で変な凸凹に・・・(・・・苦。)

    15a.jpg

    しかし失敗は経験のもと。生地剥がしの手間のおまけでこんな画像が撮れました。

    30.jpg

    今度は柄と生地張りの時の縫い代や折り返しに注意して再度挑戦です。
    失敗した甲斐あって満足な仕上がりになったと、わたくし、そう自負しております(笑)

    31_convert_20100426060211.jpg

    一番の目的の足のグラグラも無事直り、張替えで雰囲気もガラッとかわりました。
    そのうち塗装もしないとなぁ・・・。

    アンティーク調スツール 修理・張替え 完了です。

    アンティーク調スツールの修理 before after
    スポンサーサイト

    Comment

    (編集・削除用)
    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    URL
    http://keeponesvow.blog24.fc2.com/tb.php/6-a9fac158
    この記事にトラックバック(FC2Blog User)
    Copyright © sachi
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。