スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    裏地付カーテンやっと完成!

    大きいサイズのカーテンがやっと出来上がりました。
    ・・・と言ってもまだ一枚だけですが(もう一枚もあと山を縫うだけです^^)
    通常2倍ヒダが多いですが、2.3倍ヒダにしてます。

    画像は次の記事で載せます。

    巾156cmの生地だったので3枚縫い合わせ。
    出来上がった裾巾は361cmです!(サイドからの明かり漏れ防止の為、耳部分を10センチ程足してるのでちょと長くなってます)
    大きいサイズの生地を扱うのがこんなに大変だとは!!(大きいし重量もあるので)
    6畳の小部屋で作業するには厳しかったです。

    予定では巾150×丈243cmだったのですが、丈が2cm短くなってしまいました・・・。
    ほどいて2cm伸ばしても良いのですが、吊ってみると違和感もないのでそのままで使う事に。
    しかも、裾は縫い目が目立つので手縫いで纏り縫いするハズが、結局普通にミシンがけで仕上げました。

    裏地は遮光の生地ではなく普通の薄手の裏地生地を使ったのですが、これが結構光を遮ります!
    薄いベージュ系のジャガード生地に遮光裏地の付いたカーテンと比べてみても、同等もしくはそれより暗い感じです。
    遮光裏地は結構高いので、安く上げたい場合は濃い色の生地、お勧めです。

    三つ山のプリーツは縫製のせいか綺麗に出なかった(苦)

    リビングに吊ってみるとちょっと雰囲気が軽すぎるかな・・・という感じなので(あまり光沢が無いし色も淡いのでシンプル過ぎたかな)もう一窓分(これは普通の大きさ)作り終わって少し落ち着いたら刺繍トリムでも付けようかと思います。あ、あとシンプルなストレートバランスも。

    生地は張りの無い生地なので、カーテン開けた状態で上からさっと手で押さえるだけでプリーツのクセが付くので良い感じです(自己満足ですが・笑)

    近いうち時間作ってざっとした手順をアップしたいと思います。では!






    スポンサーサイト

    カーテンバランス

    まだ裏地が手に入らないのでリビングのカーテンを作れず
    簡易カーテンバランスかな?WC用に作りました。

    k4.jpg

    本来何もしてなかった窓なんですが、あまりに殺風景過ぎたので生地もたくさんある事だし取り付けてみました(取り付けと言っても突っ張り棒です^^;)
    シェードにしても良いのですが、恐らく上げ下ろし等しないのでバランスのみにしてます。

    ロールスクリーンは上げ下ろしが面倒だし、レースをかけても良いのですが、レーシィな物は好みじゃない為見送って、そのうち同色系のオーガンジーっぽい生地でもプレーンに吊るそうかな~と考えております。

    窓枠内に吊るすと狭いトイレでもスッキリして見えるのでお勧めです。

    裏側は・・・
    k5_convert_20100509222315.jpg

    これもやっぱり手縫いで纏りました。

    k6.jpg

    ミシンにすくい縫い機能が無い場合、普通にミシンがけするよりこの方が綺麗に仕上がるのでそんなとこだけこだわってます(笑)

    角は盛り上がって汚くなるので額縁仕上げです。厚地の生地の場合は必須です^^
    ※額縁仕上げの方法です
    k7.jpg

    来週からボチボチ大物のカーテンに取り掛かりたいとこです。

    全然関係ない話ですが、最近やっと本格的に外壁のリフォームの話を家族で話してて明日の朝までに素材と色の案を出さねばっっ!!状態です(泣)
    前々から言ってたものの具体的な話はしてなかったので何も考えてなかったんですが、急すぎる!!今日は下手したら寝れません(泣)
    ・・・しかし何年も変える事は出来ないしサイディングにガルバを張るリフォームなので外壁リフォームの仲では安いけど結構な金額になるかと思うので後悔しないように案を考えねばっっ!!(←しかも父親を納得させられる案 注:実家住まい)
    人に意見を聞いておきながら、この父にOKをもらうには、あまりかわいい案は鼻で笑われるし、下手な装飾もダメ出し。大変なのです。
    しかし同じ建物でも外装のデザインでイメージがガラっと変わるのは間違いないわけで・・・このままだと無難すぎる外装になること間違いなし。

    ・・・という訳で、これから頭をフル回転させてハッ!とさせるような良い感じのナイスな案を出す予定です!!(予定は決行させねば!!)

    ではまた!

    裾はやっぱり手縫い。

    早速さっき作ったカーテンの裾の引きつれを直しました。

    そういえば、今年に入って一度ミシンの調子がおかしくて(ブラザーの古いミシン)お店に見せに行ったところ、
    厚地の物を無理して縫ったでしょ?と言われてたのを思い出し、自粛する事に。おそらく糸調子を調整しても
    重なってる布の上の生地と下の生地がずれてしまう事には変わりないだろう・・・

    というわけで、すくい縫い機能もついていないので手縫いでまつり縫いをしました。

    k3.jpg

    やっぱり縫い目が見えないほうが仕上がりは綺麗です。画像で比べてみると一目瞭然。

    大きいサイズだとちょっと面倒だけど綺麗に仕上がる方が良いので裾は手縫い決定です。

    カーテン生地届く。

    リビングとダイニング、キッチンのカーテンを作ってみようと思い立ち・・・
    ・・・・・・

    k1.jpg

    ・・・購入してしまいました。カーテン生地一反。50メートルあります。
    メーカーの廃盤で配送代を合わせても¥6,000程で入手。メートルあたり¥120也。

    ネットで購入だったので色や質感はどうかな?という心配もありましたがまずまず予想通り。
    生地はたっぷりあるので全て2.3倍ヒダ仕様にしてしまおうという魂胆です。

    ・・・と言ってもリビングのサイズは巾150cmの長さ245cmが2枚必要なので
    単純に考えても巾345センチは必要なのです。
    プラス遊び分を10センチ、片側に光漏れ防止の為の幅10センチ、左右の縫い代10センチ=375センチ!

    縫い合わせが2箇所入りますね(巾が150cmの生地なので3枚縫い合わせ)

    うーん・・・裁縫は嫌いではないものの、はじめからそんな大物はちょっと・・・と言う訳でまずは玄関ドアの上の小窓用を作ってみました。

    k2.jpg

    何とか出来上がったものの、手作り感がプンプンしております。
    裾の引き攣れが物語ってますね。ミシンの糸調整をしてやり直しても波打つようだったら手縫いでまつり縫いするしかないかなぁ。
    でも柄は良い感じ。ストライプだけど等間隔のストライプなのでそこまでカジュアル過ぎず、ちょっとフレンチ。

    ・・・色々考え中です。
    とりあえず小さいながらも、縫ってみて生地の感じはつかめたので早くリビング用も作りたいですね。

    リビング、ダイニング用は裏地をつけて作成を考えてる為まだ取り掛かれませんが、作業を開始したら近いうちまた報告します。



    ネジ穴の緩み

    題名の通り、ネジ穴の緩み対策です。

    実はうちにあるダイニングチェアの座面を留めるネジが、かれこれ数年前から2本ほど紛失しておりまして。
    ほぼ自分しか座らないので、気づいた時にはもう既にネジが無くなってました(気づいたのも数年前・・・苦笑)

    原因はネジ穴が大きくなってネジが抜け落ちたようです。
    抜けたネジは見つからない・・・となると恐らく何年も前の掃除機に吸い込まれてますね。
    4脚あるうちの1脚だけなので座らない席に置いていて、まぁいっかーと思ってたもののたまに忘れて座っちゃうと座面がカパっ!!と前のめりになるので危険だ!!!

    ・・・というわけでさっさと直します。

    ここで使うのは爪楊枝と木工用ボンド。
    問題の椅子はこれなんですが、画像のように椅子を裏返してまだ留まってるネジを外して座面を外します。

    isu1_convert_20100501051449.jpg

    isu2_convert_20100501051509.jpg

    座面のネジ穴が拡がってるのが原因ですので、まずは問題の箇所側の裏布と表の張り地を外してゆきます。(ステープルで留まってます)

    isu3_convert_20100501051535.jpg

    穴が出てきましたね。
    ここに木工用ボンドを流し込んで金槌を使いながら爪楊枝を入るだけ差し込んでゆきます。
    隙間があったら隙間からも爪楊枝を差し込みます。

    isu4.jpg

    これ以上差し込むのは無理だ!!てぐらい穴の中が爪楊枝でいっぱいになったらはみ出てる部分をニッパーで切り取り、少し盛り上がった部分は上から金槌で叩いて平らにならします。これを拡がった穴の数だけ繰り返します。

    後は丸一日程(目安)置いてボンドが乾いたら表の張り地と裏布を元の通りにタッカー留めします。

    isu5_convert_20100501051617.jpg

    あとは椅子の本体に元のように留めるだけです。
    不足していたネジは同じサイズの物を用意しておきましょう。長さが短いと座面に食い込まないし、長すぎても座面の板を突き抜けて座ったときに危険です。

    自分はネジを持って買いに行ったものの、微妙に長さが足りないものを買ってしまいました(苦)たまたままったく同じサイズのネジがあった(ラッキー)のでそれで代用する事にしました。
    isu7_convert_20100501051634.jpg
    ゴールドの方が元々のネジ。シルバーの方は多分昔使ってたベッドのネジだと思われます。

    ※ネジを差し込む時は、穴が爪楊枝で塞がっててネジが入りづらいのであらかじめ小さく穴を開けとくか、本体と座面をきっちり固定してからネジ留めしましょう。変な方向に曲がって固定してしまうとせっかくネジ穴を塞いだのに元も子もありませんので!

    isu6.jpg

    出来上がりです。見た目にはわからないですがやっと安心して使える椅子になりました(笑)
    ガンタッカーも買ったことだし早く張替えをしたいのですが、かれこれ21年位になりますか、見た目になかなか傷んでくれないので色も気に入ってるし見送りです・・・。











    Copyright © sachi
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。